rbenvでRubyのversion(バージョン)を確認する

  • 2020年4月14日
  • 2021年10月23日
  • Ruby

今回は、Rubyのバージョンの確認方法やその管理方法についてご紹介させていただきます。(※Ruby本体については、こちらの記事をご覧ください)

参画するプロジェクトが多くなればなるほど面倒くさくなるバージョン管理ですが、rbenvというツールを使えばそれもとても簡単です

初心者の方向けに分かりやすく簡潔にご説明していきますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

なお、Rubyの魅力や特徴については以下の記事で詳しく解説していますので、こちらもぜひご覧くださいね。

おすすめ記事

みなさんこんにちは! 今回の記事は、 悩みを抱えた人 ・Rubyってどんなプログラミング言語なの?・Rubyを勉強すると将来役に立つかな?・Rubyのおすすめの学習方法が知りたい! というお悩みを解決する記事にな[…]

Rubyとは?その特徴や将来性、おすすめの学習方法まで網羅的にご紹介します


Rubyのバージョンの確認方法

さて、早速ですが、現在ご自身が使われているRubyのバージョンを確認する方法をご紹介していきます。

確認方法は非常に簡単で、ターミナル画面でruby -vを実行するだけで、現在使用しているRubyにバージョンを確認することができます。
(※ご自身のPCにRubyがインストールされていることが大前提となりますので、まだインストールされていない方は、こちらの記事(【Mac版】Rubyをインストールしてみよう!初心者の方は必見です!)を参考にしてみてください。)

user$ ruby -v

=> ruby 2.7.0p0 (2019-12-25 revision 647ee6f091) [x86_64-darwin18]

「え、めっちゃ簡単じゃん」と思われた方もいらっしゃると思いますが、実際には、このやり方(ruby -v)は推奨できません

私がお勧めするのは、冒頭でも少し触れた、”rbenv“を使用する方法です。

Rubyのバージョン管理ツール “rbenv” とは

rbenvとは、Rubyをインストールしたり、或いは使用しているバージョンを簡単に切り替えられるようにしてくれるツールです。

複数のプロジェクトへ参画している場合には、それぞれのプロジェクト毎に使用しているRubyのバージョンが異なることが多々あり、その度に適切なバージョンへ切り替える必要があります。

rbenvでは、PC全体で使用するRubyのバージョンのみならず、プロジェクトのディレクトリ毎にそのバージョンを切り替えることができるため、非常に便利なツールです。

rbenvをまだインストールされていない方は、以下の記事を参考にしてみてください。

おすすめ記事

プログラミングの勉強を始める際に最初の壁となるのが、勉強しようとしているプログラミング言語をインストールすることですよね。 今回は、私も仕事で使用している「Ruby」のインストール方法をご紹介していこうと思います。 また、プロ[…]

プログラミングイメージ

rbenvでRubyのバージョンを確認する方法

rbenvを用いてRubyのバージョンを確認する方法も非常に簡単で、以下の通りrbenv versionを実行すれば完了です。

user$ rbenv version

=> 2.7.0 (set by /Users/user/Project/xxxxx/.ruby-version)

こう見ると、rbenvを使わずに確認した方法(ruby -v)の方が分かりやすそうですが、一体何がダメなのでしょうか?

Rubyのバージョンの確認にrbenvを使うべき理由

Rubyのバージョンを確認する際にrbenvを使うべき理由は、ズバリ「バージョン管理を一元化すべきだから」です。

この世の中には、rbenv以外にもRubyのバージョン管理ツールは存在しており、「どのツールを使ってRubyを管理しているか」ということを意識していないと、いざバージョンを切り替えようと思った際に「あれ、切り替わらない…」という状況に陥りがちです。
(そして、そこから問題を解決するために無駄な時間を費やすこととなります。)

そのため、大体の場合はrbenvを使ってRubyをインストールしますので、その後のバージョン管理もrbenvを使って一元化していきましょう、ということなのです。

rbenvで出来ることまとめ

非常に便利なrbenvですが、基本的には、「Rubyをインストールする」「Rubyのバージョンを切り替える」といった使い方がメインになってくると思います。

よく使用するコマンドを以下の表にまとめておりますので、何かあればこちらを参照してくださいね。

$ rbenv install –listインストール可能なRubyのバージョンを表示
$ rbenv install 2.7.0指定したバージョンのRubyをインストール
$ rbenv version現在使用しているRubyのバージョンを表示
$ rbenv versionsrbenv経由でインストールしたRubyのバージョンを全て表示(※現在使用しているバージョンには*が付きます)
$ rbenv global 2.7.0PC環境全体で使用するRubyのバージョンを指定
$ rbenv local 2.7.0特定のディレクトリでのみ使用するRubyのバージョンを指定

上記コマンドの実行イメージ

$ rbenv install –list

user$ rbenv install --list
...
2.6.3
2.6.4
2.6.5
2.7.0-dev
2.7.0-preview1
2.7.0-preview2
2.7.0-preview3
2.7.0-rc1
2.7.0-rc2
2.7.0
2.8.0-dev
...

$ rbenv version

user$ rbenv version

=> 2.7.0 (set by /Users/user/Project/xxxxx/.ruby-version)

$ rbenv versions

user$ rbenv versions
  system
  2.0.0-p648
  2.5.1
  2.5.3
  2.6.1
  2.6.4
* 2.7.0 (set by /Users/user/Project/xxxxx/.ruby-version)

お仕事の途中ですが、少し一休みして、転職独立について考えてみませんか🙌?

現役エンジニアが選ぶおすすめの転職エージェント11選【成功談・失敗談もあります】

レバテックフリーランスの評判ってどう?【現役エンジニアが徹底解説します】

MidWorks(ミッドワークス)の評判ってどう?【現役エンジニアが徹底解説します】

日々の業務に追われて自分を見失わないよう、
定期的にキャリアを振り返るようにしておきましょう🤲

最後に

さて、ここまで、Rubyのバージョンの確認方法やその管理方法についてご紹介してきましたがいかがでしたか?

バージョン管理については、今は特に意識せずとも支障がない方もいらっしゃるとは思いますが、今後開発を進めていく中で必ずその必要性を実感されるはずです。

rbenvはその導入方法も使用方法も非常にシンブルで分かりやすいので、まだインストールされていない方はぜひこの機会に使ってみてくださいね。

このブログを通じて少しでも「傍(はた)を楽(らく)にする」ことができていれば嬉しく思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。