Railsでの開発で “cannot load such file — bundler/setup (LoadError)” というエラーが出た場合の対処法およびその原因をご紹介します!

今回は、Railsでの開発で以下のエラー文が出てしまった時の対処法とその原因についてご紹介していこうと思います!

cannot load such file -- bundler/setup (LoadError)

エラー文、そしてその原因を丁寧に読み進めていけば、自ずとその解決方法が見えてくるかと思います。
(※あまりオススメはしませんが、結論のみ知りたい方はページ下部までスキップしてご確認ください。)


フリーランス案件を探すならこのエージェント!

運営会社 レバテック株式会社 株式会社Branding Engineer 株式会社Hajimari
対応エリア 東京・神奈川・埼玉・千葉
大阪・兵庫・京都・愛知・福岡
東京・神奈川・埼玉・千葉
大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山・滋賀
東京・神奈川・埼玉・千葉
茨城・大阪・兵庫・福岡
案件数 約28,000件 約3,300件 約4,200件
平均単価 68.2万円 72.2万円
最高月収 145万円 200万円 176万円
支払いサイト 15日(月末締め翌月15日支払い) 20日
手数料(中間マージン) 非公開 非公開
※実質20%
非公開
特徴高単価な案件が多い
福利厚生サービスが受けられる
・首都圏の案件が中心
給与保証制度で安定した収入を得られる
・税務処理のサポートあり
・マージン率は実質20%
週2/週3の案件が多い
在宅/リモート案件が多い
・スタートアップ企業やベンチャー企業の案件が多い
紹介企業例 ・株式会社Gunosy
・株式会社バンダイナムコホールディングス
・株式会社ユーザベース
・Sansan株式会社
・株式会社一休
・株式会社FiNC Technologies など
・クックパッド株式会社
・株式会社カオナビ
・株式会社Kaizen Platform など
説明記事
公式サイト


転職を考えているならこのエージェント!

運営会社 レバテック株式会社 株式会社Branding Engineer 株式会社リブセンス
対応エリア 東京・神奈川・埼玉・千葉
大阪・兵庫・京都・愛知・福岡
東京・神奈川・埼玉・千葉
大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山・滋賀
東京・神奈川・埼玉・千葉
茨城・大阪・兵庫・福岡
案件数 約13,000件 約800件
※非公開求人が多い

※ドラフト制のため、対象外
年齢層 20代:◎
30代:〇
40代:〇
20代:〇
30代:〇
40代:△
20代:〇
30代:〇
40代:〇
特徴エンジニア・デザイナーを専門としている
・カウンセリングに時間をかける
年収アップ率60%の実績
IT/Web/ゲーム業界専門の転職エージェント
・業界経験者がキャリアコンサルタントを務める
・丁寧なカウンセリングで入社後の離職率1%以下を実現
ドラフト制による採用を叶える特殊なサービス
スキル・経験重視で評価してもらえる
・他エンジニアの入札結果を見ることで
自分の市場価値が分かる
紹介企業例 ・サイボウズ株式会社
・株式会社サイバーエージェント
・Chatwork株式会社 など
・DMM.com
・Money Forward
・SmartHR など
・メルカリ
・ZOZOテクノロジーズ
・freee など
説明記事
公式サイト


まずは日本語に直しましょう

cannot load such file -- bundler/setup (LoadError)

というエラーですが、日本語に直すと概ね以下のようになるかと思います。

"bundler/setup" というファイルが読み取れません

ではここで言う、”bundler” とは何なのでしょうか?

Bundlerとは?

Bundlerとは、gem同士の互換性を保ちつつ、その種類やバージョンを自動で管理してくれる便利な仕組みのことを指します。

ここで言う互換性とは、「AというgemをアップデートしたらBというgemが動かなくなってしまった…!」という事態を避けるということだと捉えていただいて結構です。

実際、Ruby on Railsでの開発では何十というgemが関わっており、それらを手動で管理するのはほぼ不可能に近く、Bundlerは不可欠な要素となっています

gemをまとめるBundlerも実はgem

さて、Bundlerの役割について理解したところで、エラー文に戻ってみましょう。

"bundler/setup" というファイルが読み取れません

というエラー文が出ておりましたが、素直に読み取ると、”bundler/setup” というファイルを追加すれば解消できそうですよね。

実はこの便利なBundlerくん、彼自身もgemなのです。数多くのgemをまとめるgemということになります。

「実はgemだった」という事実が判明した以上、やるべきことは一つ、RubyにBundlerというgemをインストールしましょう。

結論

以下を実行しましょう。

gem install bundler

実はこの “cannot load such file — bundler/setup (LoadError)” というエラーですが、Rubyのバージョンを切り替えたり新たなバージョンを使用し始める際に多く見られるエラーになります。

ここまで読み解けば当然のことだと分かるかと思いますが、Bundlerというgemをインストールしていない状態でgemを管理しようとしたがために発生してしまったエラーです。

Bundlerをインストールした後は、”bundle -v” を実行するとインストールされたBundlerのバージョンが表示されるかと思います。

最後に

さて、今回は “cannot load such file — bundler/setup (LoadError)” というエラーを通じてBundlerについての理解を深めてきましたがいかがでしたか?

エラーに直面した際にはただそのエラーを解消するだけでなく、その背景にある用語や技術についても確認しておくようにしましょう!

このブログを通じて少しでも「傍(はた)を楽(らく)にする」ことができていれば嬉しく思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。